banner

必要なもの

株式会社設立にあたって必要なもの

株式会社設立にあたって必要なものは、簡単に言うとお金と印鑑を用意して書類を提出する事の3つです。
もう少し詳しく流れを書くと、お金についていえば、株式会社設立のための資本金と印鑑代と書類を手続きするのに必要な登録料などの用意が必要です。

印鑑については、会社が設立してから必要ですし、株式会社設立に必要な書類に押さなければならないために必要になります。

そして書類は必要なものを集めて、きっちり書いて提出したり登録したりします。時にはその書類をコピーしたり、CD-ROMなどに保存したほうが便利な場合もあります。
まず、会社設立登記申請に必要な書類を集めます。

会社設立登記申請に必要な書類は、登記申請書、登録免許税の収入印紙を貼付したA4用紙、登記簿謄本・登記事項証明書または登記すべき事項を保存したCD-ROMなど、定款、発起人の決定書、取締役・代表取締役・監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、資本金の払い込みを証明する書面、印鑑届出書になります。

登記申請書には、定款、発起人の決定書、取締役・代表取締役・監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、資本金の払い込みを証明する書面を添付します。

登記簿謄本・登記事項証明書は法務局に行って取ってきて書面の形式に合わせて用意しなければいけませんが、オンライン請求できる場合もありますし、登記すべき事項を保存したCD-ROMなどでもよいです。

発起人の決定書は定款で本店所在地を番地まで記載していて、さらに公告の方法を官報にしている場合は必要ありません。代表取締役の就任承諾書も取締役が1名の場合は不要で、監査役の就任承諾書も監査役がいなければ必要ありません。

取締役全員の印鑑証明書は取締役会を置く場合は代表取締役の印鑑証明書だけが必要になります。会社設立登記申請のために集めた書類は署名する人や捺印する印鑑が必要なので、株式会社を1人で設立しない場合は必要な印鑑が増えます。

また、株式会社設立の登記申請をする前に定款の作成と認証は済ませておくことが必要になります。

資本金の払い込みを証明する書面は定款に記載せれている資本金が発起人から口座に振り込まれていることを証明する書面です。
各発起人がATMや銀行窓口から出資金を銀行口座に振り込み、資本金の払い込みの証明書を作成しますが、振り込むときは口座の残高をゼロにして、振込金額と各発起人が個人名で出資したことを分かり易くすることが大切です。

株式会社設立登記の際には、実印登録した会社印鑑を証明するための印鑑証明書が必要になります。

Copyright(c)2014 会社設立の中でも株式会社設立を考えている方へ極秘情報教えます!All Rights Reserved.