banner

税務以外も頼りに

税理士は株式会社設立の税務以外も頼りになります

株式会社設立にあたって一番不安なことは税務の関係ではないでしょうか。今まで個人で経営していた人であっても、WEB等で調べると法人税の申告書は個人の確定申告書とは全く様式が違いややこしいイメージを持たれているはずです。

これらの知識を素人の方がすべて自分一人で調べて対処することはあまり現実的ではなく、下手をすると自分の本業に影響を与えてしまい効率が悪いです。そのため、一般的に税理士に依頼することが多いです。株式会社設立時の税務手続はいろいろと面倒ですが、株式会社設立時ならではの消費税の特例があったりします。これを知っているか否かで随分と支払う税金の金額に差が出ることがあります。このようなことは税理士に依頼した方が話が早いです。

株式会社設立時には何かと費用がかさむので、税理士に支払う報酬がもったいないと思われる人も多いようですが、支払うだけの価値はあります。特に最近の税理士は経営診断や銀行借り入れのサポートもしてくれることが多いため、単なる税務申告書を作成するだけの存在ではありません。また、国や自治体で企画している株式会社設立時の補助金や有利な貸付制度も知っている税理士がいますので、彼らの知識をフル活用することで何かと不安定な株式会社設立時の資金繰りを楽にする効果もあります。

会社の経営者は孤独な存在だと言われています。得意先にも仕入先にも言えない悩みがありますし、従業員も相談相手にはなりません。そのような時に会社経営の悩みを相談できる相手がいることは非常に大切です。その相手として税理士が一番適しています。会社設立時に頼りになるだけではなく、それからもずっと頼りになるパートナーであり続けることができるのです。

税理士もいろいろな人がいます。経営サポートをしてもらうことを考えると、中小企業診断士等の資格を持っている人は頼りになります。年配の方より若い方の方がこのような知識を持っている人が多いようです。社長さんの年代によって考え方はいろいろでしょうが、できるだけ自分と年が近い人の方が相談をしやすいという事はあるのでしょう。自分にあった人を探すことが一番大切です。

税理士報酬は年間に50万円程度かかることが多いです。結構会社の経費の中では大きな部分を占めるので無駄ではないかと思われる方も多いようです。しかし彼らの知識をフル活用することで社長さんは自分の仕事だけを考えて会社の業績を伸ばしていくことができるのです。

Copyright(c)2014 会社設立の中でも株式会社設立を考えている方へ極秘情報教えます!All Rights Reserved.